65年前、時計台の裏で開いたりんご問屋から

北一藏重商店ははじまりました。

 創業当初、創業者の藏重勤は、平岸に広がっていたりんご農園にトラックを走らせて仕入れをし、現在の時計台の裏(北1条西2丁目)で卸売業を始めました。当初はりんごのみを扱っていたことから、弊社のはじまりは「りんご」専門卸売だったのです。

 その後、1959(昭和34)年に「札幌市中央卸売市場」の開設とともに、現在の「23」番の仲買番号を取得し、市場内での販売をスタートさせました。
 入場後は、果物専門卸として、りんご以外の国産・輸入果物も積極的に扱い商売を広げていきました。現在は、国内外のフルーツ全般、トマトを主な扱い品目としています。

 「卸」とは「小売」への支援企業です。縁の下の力持ちとして「小売」屋さんをよりサポートしております。今後も内容、品質に重きをおいて、みなさまのお役に立つよう、仲卸として精進してまいります。

​藏重の歴史

  • <創業から現在まで>

  • 1945年 昭和20 終戦

  • 1953年 昭和28 創業者 藏重勤・静江結婚と「北一藏重商店」創業。※創業の地は現在の時計台の裏

  • 1959年 昭和34 札幌市中央卸売市場に入場。仲買23番として市場内の販売をスタート

  • 1997年 平成9 株式会社北一藏重商店 となる

  • 1999年 平成11年 代表取締役に藏重満就任。藏重勤は会長へ。

  • 2002年 平成13 会長藏重勤 逝去

  • 2003年 平成15 創業50周年記念式典開催

  • 2006年 平成18 札幌市中央卸売市場、新青果棟が完成

  • 2007年 平成19 新「札幌市中央卸売市場」完成記念式典

  • 2010年 平成22 開設50周年を記念して「札幌市場祭」

  • 2013年 平成25 北一藏重商店 創業60周年

品質は落とさない、見極める

代表取締役 藏重満

​競りはインスピレーション

営業部部長(トマト、果実担当) 大橋 顕

販売企画部 フルーツコーディネーター​ 藏重 友恵

藏重商店の思い

品質は落とさない、見極める

代表取締役 藏重満

​競りはインスピレーション

営業部部長(トマト、果実担当) 大橋 顕

​フルーツに接する機会を増やしたい

販売企画部 フルーツコーディネーター​ 藏重 友恵

Share the amazing things customers are saying about your business. Double click, or click Edit Text to make it yours.

Name, Title

© 2019 Kitaichi Kurashige Shoten

  • Facebook

札幌市中央区北12条西20丁目 札幌市中央卸売市場内(23)

TEL. 011-621-7574  FAX. 011-641-5835