藏重商店の思い

​フルーツ文化創造企業を目指して

 代表取締役 藏重 満

 創業65年のうち私の経験は35年です。東京で5年間のサラリーマン時代を経験し、この業界に飛び込みました。
 まずは先代の父の時代30年間に携わった方々に感謝します。特に創業から10年は、現在の時計台裏に会社と住まいがありました。
 祖父の軍一は山口県岩国市の出身。アメリカでジャガイモ農園を経営するためアイダホ州に渡り、そこで父が生まれ、父は3歳までアイダホで過ごしています。
 その後、両親の故郷の岩国に戻り、ジャガイモやタマネギを扱っていましたが、その後一家で新天地を求め、身寄りもない北海道に渡ってきました。
 創業当初、藏重勤は、平岸に広がっていたりんご農園にトラックを走らせて仕入れをし、卸売業を始めました。これが藏重商店の始まりでした。「北一」の名前は北海道で一番になる、という思いが込められています。
 

 1999年に社長となりました。現在、取り扱っている青果物の種類は800種類くらいです。
 北海道という地方の仲卸として、地元のスーパーさん、小売店さんを大事にすることをモットーとしています。品質でいえば中より上のクラスを主に扱っています。多品種小ロットで、品質を落とさず、品物を見極めるようにしています。

 見極めるだけでは市場で待っているばかりになりますので、自ら産地に出向き、卸の皆さんと一緒に、よい商品を見つけていかなくてはいけない、そういう時代になってきたと思います。最近では一般的になってきた「フルーツトマト」も、弊社がいち早く仕入れ、北海道に紹介した一例です。


 かつてはいろいろな地区に、こだわりのある果物屋さんや八百屋さんがあったものですが、最近は少なくなりました。その代わり、レストランのシェフのみなさんがよい食材を求めて訪れて来るようにもなりました。
 ただモノを動かすだけでは、これからの時代生き残りは難しいと思っています。「いいモノを動かす力」を大事にしたいと思います。これからはソフト開発、売る方法も提案できるような仕事の仕方が大切かと思います。小さいながらも特色を持って行けるような、「フルーツ文化創造企業」を目指したいと思っています。

​「せり」はインスピレーション

 営業部部長 大橋 顕

 アルバイトを経て平成5年に正式に入社しました。20年間リンゴを専門に扱ってきましたが、その後トマトの担当となりました。
 トマトは産地が広いのですが、当社では熊本や長崎の物を中心に扱っています。生産者にも会いに行きますが、地域によって考え方も違います。人と人とのつながりが、この仕事を続けるのにとても重要になっています。産地の情報、大消費地である首都圏の動向など、自分が情報を入手するチャンネルを増やすのも大事だと思います。

 品物の価値は、市場に出してみるとよくわかります。よいものは高い値段がつき、よくないものは低い。単純ですがそれが市場のもつ機能とも言えます。
 「せり」には毎日のように参加しますが、せりの場で私に取って大事なのは「インスピレーション」です。データをきちんと残して分析する人もいますが、私は感覚やその場の雰囲気をより大事にしています。
 「だいたい今日はいくらで落ちそうだ」という予想を持ってせりに臨みます。わかりにくいかもしれませんが、自分はいくらで買いたいという「自分の腹を持つ」ことが大事です。それがその日の市場の、せり場の雰囲気でだんだんとわかってくる、それが「インスピレーション」なんですね。

フルーツに接する機会を増やしたい

 販売企画部 フルーツコーディネーター 藏重友恵

 大学を卒業してマーケティングの仕事がやりたくて、3年間広告代理店で働きました。将来は家業を継ぎたいという考えが常にありました。
 子供のころ、市場の近くにあった家に帰ると、いつもお客さんがひっきりなしに来ていたイメージがあり、こういう商売の感覚は身についていったと思います。
 2012年に藏重商店に入社しました。市場は「男性の職場」というイメージが今でもあり、まだまだ女性は少ないところだと思います。ですが、買い物をするのはまだ女性が多いわけですから、市場にも、もっと女性が入ってきてもらいたいと思っています。
 仲卸として、売ったら終わり、でなく、小売りの販売の部分にも提案ができるようになれればと思っています。
 もっともっとより多くの人にフルーツに興味を持ってもらう機会を増やしていきたいと思います。
 フルーツのカットの仕方がよくわからないという人も多いのですが、食べやすく、手早く、美しくカットする方法がいろいろとあります。自分でもその方法を学びたくて、入社してすぐフルーツコーディネーターの資格を取得しました。本格的なフルーツパーラーが北海道にはないので、そういう分野にも関わっていきたいですね。フルーツの可能性はまだまだあると思っていますので、いろいろな切り口でチャレンジしていきたいです。

© 2019 Kitaichi Kurashige Shoten

  • Facebook

札幌市中央区北12条西20丁目 札幌市中央卸売市場内(23)

TEL. 011-621-7574  FAX. 011-641-5835